ゲーム音楽好きのねこの時間です

ゲームのバトル音楽で、ボスや強い敵が登場する瞬間のイントロってすごくカッコいいですよね!私は特にFF15のバトル音楽が大好きで、あのダークで迫力のある壮大なイベントの始まり感に、いつもゾクゾクさせられます。

ああいう出だし作ってみたい!!とずっと思っていたのですが、今回チャレンジしてみたので、どのように作ったかも含めて紹介しようと思います。

 

まずは完成した版がこちらです。

 

どこから作ればいいか?という点ですが、こういう音楽も、私の場合はまずピアノでスケッチから始めています。先にピアノでコードを押さえておくことで、楽器が増えてきても音がぶつかってしまったり濁ることを避けることができるんです。

こんな感じ。

 

この段階で、本当にカッコよくできるのかなぁ?と不安になってきますが、カッコよくなるんだ!と信じてドンドン進めていきます(笑

 

今回の楽器構成と使用音源はつぎのようになります。

(EWQLSO)

弦楽器 / 金管楽器 / 木管楽器 / ティンパニ / 大太鼓 / シンバル

(EWQLSC)

女性コーラス

(効果音)

RISE & HIT

 

まずは弦楽器、金管楽器を打ち込んでいきます。主旋律は第一バイオリンでオクターブで打ち込み、しっかりと聴こえるように打ち込みます。そして第二バイオリンで高音をトレモロで入れています。チェロ、コントラバスは、下降していくフレーズを力強く演奏させます。

 

 

金管楽器のトロンボーンも、同じ下降フレーズを重ねることで、重厚さを与えています。

聴いて頂ければ分かるかと思いますが、出だし部分にてピッコロでグリッサンドさせています。こうするとピリッとした感が出てきますね

 

次にコーラスを重ねます。コーラスは、今回は下降フレーズで入れましたが、主旋律としても良いかもしれませんね。EWQLSCの音源はなかなか前に出にくいので、ミックスする際に、他のパートの音量を下げて、コーラスをEQで調整すると良いです。

 

ここまで来たらほぼ完成で、打楽器やRISE&HITで迫力を加えていきます。

NI社のKompleteに入っているRISE & HITはこういう曲に重宝します

 

全体を振り返ると、最初にいかにカッコいいフレーズとコードをピアノで考えられるのかがポイントになってくるかと思います。そして、打楽器や効果音がなくても、しっかりと迫力のあるオケになっていることが大事だと思います。

 

最後まで読んで頂いた皆様ありがとうございました!

 

以下、管理者が最近作曲した曲です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Please follow and like us:
カテゴリー: DTM日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です