転調へ苦手意識のある管理人が勉強したことを、皆さんへお伝えする日記part2です。

part1はこちらです。こちらもぜひ→ https://goo.gl/amr33v

今回は「ドミナント転調」に限定した転調パターンの紹介です。ドミナント転調とは、転調先のキーに入る前に、その転調先のキーのドミナントを入れる方法です。

ドミナント転調だけでも色んなパターンが作れちゃいます。

今回試した転調の種類はこちら。Cキーを出発点として転調させてみます。

CキーからGキー

CキーからEbキー

CキーからFキー

CキーからDキー

CキーからAキー

分かりやすいように、今回もメロディを入れてみました。自分でメロディを考えながら学ぶと、なるほど〜と転調する感覚が身についてきますよまずはコードから自分でメロディを考える練習をお勧めします

CキーからGキー

Gのスケールは、G(Ⅰ) /  A(Ⅱ) /  B(Ⅲ) / C(Ⅳ) / D(Ⅴ) / E(Ⅵ) / F#(Ⅶ)  です。

Gキーのドミナントは「Ⅴ」なので「D」を入れることになりますね。この時コードは「D7」として入れましょう。

デモのコード進行は 「C→Em7→Am7→D7→G→C/G」です。

CキーからEbキー

Ebのスケールは、Eb(Ⅰ) /  F(Ⅱ) /  G(Ⅲ) / Ab(Ⅳ) / Bb(Ⅴ) / C(Ⅵ) / D(Ⅶ)  です。

Ebキーのドミナントは「Ⅴ」なので「Bb7」を入れます。

デモのコード進行は 「C→F→Dm7→Bb7→Eb→Gm/D」です。

CキーからFキー

Fのスケールは、F(Ⅰ) /  G(Ⅱ) /  A(Ⅲ) / Bb(Ⅳ) / C(Ⅴ) / D(Ⅵ) / E(Ⅶ)  です。

Ebキーのドミナント「C」を入れます。

デモのコード進行は「C→F→G7→C7→F→Am/E」です。

CキーからDキー

Dのスケールは、D(Ⅰ) /  E(Ⅱ) /  F#(Ⅲ) / G(Ⅳ) / A(Ⅴ) / B(Ⅵ) / C#(Ⅶ)  です。

Dキーのドミナント「A」を入れます。

デモのコード進行は「C→F→G7→A7→D→G」です。

CキーからAキー

Aのスケールは、A(Ⅰ) /  B(Ⅱ) /  C#(Ⅲ) / D(Ⅳ) / E(Ⅴ) / F#(Ⅵ) / G#(Ⅶ)  です。

Aキーのドミナント「E」を入れます。

デモのコード進行は「C→F→ G→E→A→D/A」です。

同じCキーからだけでも、ドミナント転調を使えば、色んなところに転調できて面白いですよね!

次回は2段階で転調することにチャレンジしたパターンをご紹介しようと思います

最後まで読んでいただいた皆様ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Please follow and like us:
カテゴリー: DTM日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です