転調って難しいですよね。

転調は曲を盛り上げることに効果的で、曲の後半で転調すると、非常に感動的な音楽になるので、多くのポップミュージックでも使われています。

偉そうなブログタイトルを書いておきながらなんですが、私自身、転調には苦手意識があります。

なので、今回は自分も勉強して、学んだことを皆さんにお伝えできたらな〜と思い書くことにしました

 

いろんなサイトに転調パターンが紹介されていて、とても参考になるのですが、多くの場合コードのみ書いてあり、私の場合は、コードだけ見てもなかなか曲のイメージが沸いてきません

そこで今回は、転調パターンコードに加えて、自分なりにメロディをつけたサンプルを載せてみました。少しでもご参考になれば幸いです。

 

①よく使われるドミナント転調

転調には、突然調を変える直接転調と、段階的に転調させていく転調方法があります。

段階的な転調で有名なものに、ドミナント転調があります。これは、転調先のキーに入る前に、その転調先のキーのドミナントを入れる方法です。

CキーからAbキーへ転調する場合

Abのスケールは、Ab(Ⅰ) /  Bb(Ⅱ) /  C(Ⅲ) / Db(Ⅳ) / Eb(Ⅴ) / F(Ⅵ) / G(Ⅶ)  です。

Abキーのドミナントは「Ⅴ」なので「Eb」を入れることになりますね。この時コードは「Eb7」として入れましょう。このドミナント(Ⅴ7)の不安定な響きがトニック(Ⅰ)への強い進行感を生み出してくれます。

 

デモのコード進行は 「C→F→G→C→Eb7→Ab→Absus4→Eb→Ab 」です。

 

さらに「Ⅱ-Ⅴ(ツーファイブ)」化するのもありですね。

デモのコード進行は「C→F→G→C→Bbm7→Eb7→Ab→Absus4→Eb→Ab」です。

 

 

②短調を差し込み意外性のある転調

次は、長調から長調へ転調する間に短調を入れるテクニックです。短調を入れて、もの悲しい?と思わせて長調へ進むと、意外性があって、聴き手の心をつかめます。

CキーからAキーへ転調する場合

デモのコード進行は 「Dm7→G7→Bm7→E7→A→C#m/G# 」です。

 

 

③段階的に移るスムーズな転調

#やbが4つ以上変わるキーへの転調では、中間のキーを経由させ2段階で転調すると、自然に移ることができます。

CキーからEキーへ転調する場合

CGE、と2段階で転調させることができます。

デモのコード進行は C→Em7→Am7D7→F#m7B7→Eです。

 

 

いかがでしょうか?メロディをつけながらコードを学ぶと、イメージしやすくなりますよね ちょっとしたテクニックを知っていれば、一気にこなれた感を出せるようになります。

また、少しずつ転調コードパターンの紹介を増やしていけたらと思います。

 

最後まで読んでいただいた皆様ありがとうございました。

 

Twitterでブログ更新をつぶやいてます。

フォロー頂ける方はこちらへ→ https://twitter.com/neko_no_jikan

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Please follow and like us:
カテゴリー: DTM日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です