DTMを始めたばかりの頃。まずはソフトウェアの機能の勉強をしなければと思った私は、意気込んで画面に向かうも、難しいツールを前に心が折れる…ってことをずっとループしてました

 

それなりに曲を作れるようになった今、思うこと。

 

これ、最低限の機能だけ知ってればいいよね…

 

そうなんです。

1番の目標は良い音楽を作れることですよね。

その目標を達成するためには、最初は必要最低限のことを知ってればいいだけなんです。それ以上は、慣れてきてからの作業効率化のために、少しずつ学んでいけば良いのです。

曲を一通り作れるっというような成功体験は、「やればできる!」という自己効力感を高め、内発的モチベーションにもつながることが知られています。

 

そこで今回は、Cubase9を例に、私が考える最低限機能を説明します。

他のDAWでも、機能の場所や名前は違っても流れは一緒かと思うので、参考になれば幸いです。

 

①インストゥルメントトラックを追加

インストゥルメントトラックとは、MIDIトラックと楽器音源がセットになったトラックのことで、以下のように追加すると、どのソフト音源を割り当てるか選ぶ画面がでてきます。

 

 

Cubaseの場合はデフォルトでHalion sonic seが入っているので、今回はそちらを割り当ててみます。

MIDIデータの打ち込み

トラックのイベントディスプレイ上で右クリックするとツールボックスが開くので、鉛筆マークを選んでドラックして、以下のように入力するエリアを作ります。

作成したエリアをクリックすると、画面の下部にあるMIDIエディタが開き、MIDIデータをグラフィカルに入力、編集できるようになります。

今回は、Halion sonic seの音源の「Steel Guitar」「Electric Piano」「Synth Voice」「Acoustic Bass」「Rock Kit」を使ってみました。以下のようにMIDIをマウスやキーボードを使って入力していきましょう。

 

入力した音はこんな感じです。

 

 

③ミキシング

まずはMIDIデータをオーディオデータ化します。

ルーラの範囲を設定し、全トラックを選択した状態で、「編集」→「インプレイスレンダリング」からオーディオデータに変換します。

オーディオデータが出力されたら、ミキシング作業に移ります。

「デバイス」→「MixConsole」を選ぶとミキシングするためのコンソール画面が出てきます。

 

コンソール上では、各オーディオトラックのinsertでエフェクトプラグインを入れることができます。Cubaseではいくつかデフォルトでプラグインが既に入っています。

※エフェクトの入れ方にも「インサート」と「センドリターン」がありますので、興味がある方はこちらの記事とか参考になるかもしれません。→ http://sleepfreaks-dtm.com/for-advance-logic/lesson4-7/

以下の図はCubase付属のリバーブプラグインを入れた場合の例です。

この時点で、他にもイコライザーやコンプレッサー等を入れ、より目指す音作りを行なっていきます。

 

2MIX、マスタリング

満足いく音作りができたら、「書き出し」→「オーディオミックスダウン」で一つのオーディオトラックとして出力します。

最初は、特にデフォルトのままでも問題ないと思います。書き出しボタンを押しましょう。

するとこんな感じで一つのオーディオデータ(2MIXデータ)がトラック上に出力されます。

 

このオーディオデータを選択すると左側のインスペクター画面が現れるので、全体の音のバランスや音圧を上げる処理を行います。まずはコンプとマキシマイザーを入れてあげるだけでも、それなりに音圧が上がってくれると思います。

 

こんな感じになります。波形が大きくなったのが分かりますね。

 

 

以上が、自己流な点もあるかと思いますが、一通り曲を作るための最低限の機能かと思います。機能がたくさんある割に、たったこれだけで、それなりの曲が作れちゃうんですよね。

もちろん、もっとこだわっていけば、色んな機能が必要になりますが、初めたばかりであれば、まずはこれだけでも十分だと思います。

もし少しでもお役に立つことがあれば幸いです

 

最後まで読んでいただいた皆様ありがとうございました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Please follow and like us:
カテゴリー: DTM日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です