鼻歌でフンフン歌うのも作曲ですが、やっぱり色んなメロディーを常に作り続けられる力を身につけたいですよね。そのためには、とにかくたくさん作ることが大事!とよく耳にしますが、作曲を始めたばかりの当初の私は、たくさんと言われても、どうやって?となりました。

そこで今回は、同じような思いをしている方もいるのでは、と思い、あらかじめ伴奏を用意してみました。

以下に用意した伴奏は、カノン進行と言われる、よくJ-Popでも使われているコード進行です。コード進行とはコード(和音)が複数個ならんだもので、コード進行を聴きながら、鼻歌やピアノでメロディーを考えていくことができます。コード進行には決まったルールはなく自由ですが、最初のうちは一般的なコードを参考にしながら、メロディーを作る練習をすると良いかと思います。

 

まずは伴奏を聴いてみてください。そして、自分なりのメロディを考えてみましょう。

今回のコード進行は、

C→G→Am→Em→F→C→F→G

です。このアルファベットってなんだ?となるかもしれませんが大丈夫です。一ヶ月くらいこの子達と付き合っていたら自然と慣れてくるものです。コードの読み方については、分かりやすく説明したサイトがたくさんあります。

コード表

 

同じコード進行でも、いろいろなメロディをつけることができます。ちなみに私も適当なメロディをつけてみました。

練習と思って深く悩まず、どんどんたくさんのメロディを考えて、創造する脳を柔らかくしていきましょう。

 

他にもたくさんの有名なコード進行がありますので、ちょくちょく伴奏版を作っていけたらなと思います。

最後まで読んでいただいた皆様ありがとうございました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Please follow and like us:
カテゴリー: DTM日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です