私は気が早い性格で、だいたいで良いから、とにかく全体の流れを早く知りたい!!と思いがちなのですが、そういう人はきっと他にもいるだろう・・と思い(笑)、今回は、ザックリ私流の作曲の流れをご紹介します。イメージ掴んでいただけたら幸いです。

 

ホントざっくりです。

 

①Cubase(DAW)立ち上げます。

音源ソフトを割り当てたテンプレートを事前に作っておき、この時点で、音源ソフトが読み込まれた状態で立ち上がるようにしています。

よく見ると、トラック名に楽器名が記載されているのが分かるかと思います♪

 

②midiデータを打ち込みます。

ピアノロール画面で、midiキーボードを使って打ち込んでいきます。

ベロシティ、エクスプレッション等の細かな調整作業もここで行います。

 

 

③各トラックごとにオーディオ化します。

 

 

④複数のトラック音源をL+Rのステレオ2チャンネルにミックスダウンします。(2mixと言いいます)

この際に、各トラックにエフェクトをかけて、目指したい音に仕上げていきます。

 

⑤マスタリングします。

コンプとマキシマイザーを使って、音圧を上げていきます。

 

最後にオーディオ(wav)データとして書き出して完了です!作った音楽は、「管理人の作曲サンプル」からご視聴いただけますのでぜひ。

イメージ掴んでいただけたでしょうか?次回はもう少し具体的なことに触れていけたらなぁ〜と思います♪

最後まで読んでいただいた皆様ありがとうございました!

 

Twitterでブログ更新をつぶやいてます。

フォロー頂ける方はこちらへ→ https://twitter.com/neko_no_jikan

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Please follow and like us:
カテゴリー: DTM日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です